index
消防署塚越分署の建替えの基本計画案が説明されました(12月15日)

15日の市議会閉会後、消防長、消防署次長などから、老朽化し耐震性能を満たさない現在の塚越分署を、建替えて、2020年度(4月)から供用開始することが説明されました。新塚越分署の基本方針として、(1)地域の防災拠点とすること、(2)職員導線を重視する施設とすること、(3)これまでできなかった訓練をできるようにすること、(4)省エネなど環境に配慮した施設とすること、(5)バリアフリーに配慮すること、を掲げています。また、女性の消防職員が安心して勤務できるよう、女性用の専用施設も新設します。工事期間中の仮分署(仮庁舎)を市民公園内管理棟に置く計画です。

2018年度に設計と、仮庁舎の改修工事、19年度に仮庁舎への移転、現庁舎解体、新庁舎工事、竣工、とのスケジュールです。これら基本計画案について、来年1月10日からパブリックコメントを実施しますが、それ以前に近隣の住民には説明するとの説明もありました。